読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元NWエンジニアが語るブログ

NWエンジニアの思いの丈サイト

TCAM(Ternary Content Addressable Memory)

TCAM(Ternary Content Addressable Memory)とは、ハードウェアベースのフォワーディングする際に使用されるメモリのこと。

 

■格納される情報

・ルーティングエントリ

・L2フォワーディング情報

・アクセスリストに関する情報  

f:id:choco_1120:20160326135910p:plain

この分割を制御するのがSDM(Switch Database Management)です。

 

注意すべき点は、メモリ容量を超える処理の場合、超えた分はCPU処理になります。そのとき、CPU処理に移った際にTRAPが上がりません。

 

■確認コマンド

・現在の TCAM の使用度と利用可能度を確認

Switch#show platform tcam utilization

CAM Utilization for ASIC# 0                      Max            Used
                                             Masks/Values    Masks/values

 Unicast mac addresses:                        784/6272         12/26
 IPv4 IGMP groups + multicast routes:          144/1152          6/26
 IPv4 unicast directly-connected routes:       784/6272         12/26
 IPv4 unicast indirectly-connected routes:     272/2176          8/44
 IPv4 policy based routing aces:                 0/0             0/0
 IPv4 qos aces:                                528/528          18/18
 IPv4 security aces:                          1024/1024         27/27

・SDM制御しているメモリの分割内容確認

Switch# show sdm prefer routing

"desktop routing" template:
 The selected template optimizes the resources in
 the switch to support this level of features for
 8 routed interfaces and 1024 VLANs.

  number of unicast mac addresses:             3K
  number of igmp groups + multicast routes:    1K
  number of unicast routes:                    11K
    number of directly connected hosts:        3K
    number of indirect routes:                 8K
  number of policy based routing aces:         512
  number of qos aces:                          512
  number of security aces:                     1K

■参考ページ

www.infraexpert.com

www.infraexpert.com

Catalyst 3750 シリーズ スイッチでの CPU 高使用率のトラブルシューティング – テクニカルサポート – Cisco Systems

 

以上、chocoでした。