読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元NWエンジニアが語るブログ

NWエンジニアの思いの丈サイト

手すりに掴まるだけで、個人情報が漏洩する⁉︎


最近個人情報漏洩ニュースは多過ぎ

昨今個人情報漏洩のニュースが数多く出ていますね。個人的にインパクトがあったのはベネッセの事件。これはかつてベネッセの教材(進研ゼミ)を使ったことがある人であれば、その人の情報は漏れてしまっているのではないでしょうか。「私はきっと平気…」なんてことは無いでしょう。

防ごうと思っても企業側の失態では、サービスを利用する企業を選定する以外対応策はありませんよね。

自分で手の届く範囲で防いで行こっ!

なのでせめても個人で扱う情報くらいは防いでいきましょう。ということで、今回は認証の種類について書いておきます。

認証 方法
所有物認証 ICカード、印鑑
生体認証 指紋、声
知識認証 パスワード、秘密の質問

これらの種類で管理が難しいのは、やはり知識認証でしょう。パスワードを覚えるのには苦労します。
そこで、お手軽で強固なパスワードを付ける方法をご紹介しましょう。

当て字でカンタン管理

例えば、僕のハンドルネームはchocoですがこれをカンタンにパスワードにするために当て字を使うのです。
Ch0co
chocoよりは少し強くなりましたが、これだけでは弱すぎるので、間にアカウントを作るサービス名を入れてみます。
Ch0_h@tena_c0
この様に当て字+サービス名+ハンドルネームでかなり強いパスワードに変身させることができます。

生体認証が流行る⁉︎

これから使われていく認証方法は、生体認証だと予想されています。

他の認証と違って無くす(忘れる)事がないし、認証にかかる時間も短く済みます。スマホを見ても明らかですよね。

なので、情報管理で今後気をつけるべきは、あなたの生体情報を取られない様にすることです。ですが、これはかなり難しい。

なぜなら、指紋なんかは触ったもの全てに付いてしまうからです。手すりに掴まったりすれば指紋が流出、KEYが流出してしまうことと同義なのです。防ごうと思ったら私物以外のモノを触らないということになってしまいます。。。

そんなことは到底不可能なので、最低限先にお話ししたパスワードを強くするなど、可能な限りセキュリティに気を使っていって欲しいと思います。

以上、chocoでした。