読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元NWエンジニアが語るブログ

NWエンジニアの思いの丈サイト

文章を書く時のコツ

 そろそろ寒くなってきて上着を着る方が多くなって来た今日この頃ですが、風邪など引いていませんか?お体には十分気をつけて下さい。(>_<)

 
 さて、今回のタイトルは「文書を書く時のポイント」です!
 最近、仕事の割合のほとんどがドキュメント作成になってきて、自ずと文章を書く機会が増えました。ドキュメントを作成している中で、自分が書く文章の拙さを痛感致しました。文章力の無さを改善するべく、私は山口拓朗さんの「伝わる文章の書き方」を買って、学びました。
 その本の中でポイントとなる項目をまとめましたので、ぜひ良かったら参考にしていただければと思います。
 
■文章を書く前
・目的を明確にする
・読者のターゲットを明確にする
・読者の反応を決める
・「主観的な情報」と「客観的な情報」の2種類を収集する
・文章の設計図を考える(起承転結)
 
■文章を書く際
・一文に盛り込むメッセージは一つ
・文章の”ぜい肉”をそぎ落とす(3割ダイエット)
・結論は冒頭で
・同じ言葉を繰り返さない(言い換える)
・「の」の使用は、一文で2つまで
 
■文章を書いた後
・冷静に見直す
・書いた文章に自問自答
・紙ベースで見直す
 
 執筆する際の時系列でまとめてみました。ただ文章を書くだけなのですが、これだけのことに注意しなければ読まれる文章にはならないということです。物書きを生業としている方々は、本当に苦労をかけて作り上げているのだなと感じます。ご苦労様です。
 私も仕事で文章を書く事が多いので、先にあげたポイントを意識していきたいと思います。
 
 以上、chocoでした。
 


伝わる文章の書き方 文章の講師・山口拓朗